トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Since 1998-09-05

プログラム

日本「アジア英語」学会 第26回全国大会 プログラム


  • 日時: 2010年7月3日(土) 10:00 - 18:10 (9:30 受付開始)
  • 場所神戸芸術工科大学(神戸市西区学園西町8-1-1) 1号館(デザイン教育研究センター)1225教室
  • 参加費:会員1,000円、非会員1,500円、(神戸芸術工科大学教職員・学生は無料
  • 問い合わせ・参加申し込み:学会事務局あてメール: mailto:jafae@live.jp

 プログラム


大会総合司会: 相川真佐夫(京都外国語短期大学)
10:00−10:10 開会の辞: 岡村光浩(大会実行委員長・神戸芸術工科大学デザイン教育研究センター英語科)
会場校挨拶: 西村太一(神戸芸術工科大学デザイン教育研究センター(語学部門)教授)
会長挨拶 : 石田雅近(清泉女子大学)
10:10−11:40 基調講演:日本の個性―ニホン英語― (in Japanese)
末延岑生(兵庫県立大学名誉教授・神戸芸術工科大学非常勤講師(総合英語))
11:40−12:10 会員総会
12:10−13:20 昼食休憩
13:20−15:55 研究発表 司会: 田中富士美(東洋英和女学院大学)

1. Incorporating World Englishes in English teaching: A survey in Padang,Indonesia (in English) Wulan FAUZANNA (Andalas University,Indonesia)
2. Head movements in Japanese English: Narrative style conversation (in English) Saya IKE (University of Melbourne,Australia)
3. Towards a lexical core of international varieties of English (in English) Leah GILNER (Bunkyo Gakuin University)
4. World Englishesへの認識と発話理解 ―日本人英語学習者を対象とした量的研究― (in Japanese) 花元宏城(関西大学 文学研究科)
5. アラブ首長国連邦における英語とアラビア語の相克 (in Japanese) 榮谷温子(東京外国語大学)

15:55−16:05 休憩
16:05−17:55 シンポジウム ニホン英語の可能性 “The possibility of Japanese English” (in English)

司会&発題者: Japanese English: Refocusing the discussion ジェームズ・ダンジェロ(中京大学)
発題者: The intelligibility of Japanese English 田嶋ティナ宏子(白百合女子大学)
The formation and globalization of Japanese English 小田節子(金城学院大学)
Toward a model of Japanese English 日野信行(大阪大学)

18:00−18:10 閉会の辞: 河原俊昭(京都光華女子大学)
18:30 懇親会(大学内D棟カフェ) \3500

問い合わせ先:日本「アジア英語」学会
事務局 FAX: 075-322-6079 mailto:jafae@live.jp
Website: http://www.jafae.org/

 プログラム(PDF版)


PDF版プログラム JAFAE26thProgramatKDU.pdf(439)